スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうやら私の負けです(続き)

でも私は濡れ衣を着せられたまま殺されました。
警察が必要です。前に県警に知らせてあるから、茅ヶ崎署に書類が回っているはずです。警察を呼ぶこと、それが一番大事です。何もしないで「事故死」とか「病死」とかにしないでくださいよね。最後ぐらい親身になってください。さもないと、あなたを殺すよ~。怖いでしょ。

理解できませんか? でしょうね。あなたは面倒くさいことは一切やらない主義です。カボチャ頭の支配人も同じ。いいコンビだ。ここに入った人は幸せになれない。あんたは社長を辞めたいと言った。早く辞めなさい。でも替わる人がいないというのはわかります。お気の毒です。グズグズしてると、入居者達も気が付きますよ。あの社長じゃダメだ。もう言ってる人が結構います。

では、さようなら。厄介者が死んで、さぞホッとしたでしょう。娘と妹のことは、前に頼んだ通り、必ず守ってくださいよ。
万一のことがあったら、あなたを殺す。もう私は霊ですからね。何だってできるんです。私の死を望んでいた奴らは、これ読んで必死になり「妹が死んだ」「娘が死んだ」と大騒ぎ。彼らは、神からも見放され、死ぬ死ぬと言っても死ねない輩かもしれません。永久に死ねないって不幸じゃない?
理解不能なことは、私の頭のせいにして、黙って見過ごす社長様に  喝!

――――――――――――

と言うわけです。これから部屋を片付けて、「死」が来るのを待ちましょう。こんな遺書を書いても、私はまだまだ頑張るつもり。でも、胸が痛い。心じゃなくて本当の心臓が痛い。私の心臓はお医者さんお墨付きの強い心臓だったのに。もっと長生きできたのに。悔しい。人に強制的に死なせられるのは不愉快だ。生きよう生きよう、まだ準備ができてない。
私の心臓が丈夫だったの知ってた? 
みんな笑うよ。知ってさ。あなたのやってる事見れば、一目瞭然。
そういう心臓の話じゃないんだけどねぇ。

心臓が、私自身のように頑固なら、まだ少し生きられるかもしれない。その間、私は彼らを滅ぼす準備をできるだけします。
これでお別れかもしれないので、先に一言お礼を言います。私を応援してくれた顔も知らない人達、感謝してます。あなた達のお蔭で命が伸びたのかもしれません。ありがとう。他の人が助けを求めてきたら、面倒見てあげてね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

borobear

Author:borobear
父が婚約者の母に贈ったイギリス製の熊。昔はピカピカに可愛く輝いていたのに、今や薄汚れてボロ熊に。私も老人ホームで薄汚れ。同じボロなら居直って、なりふり構わず踊らにゃそんそんという具合に、仲良く生きています。

最新記事
カテゴリ
お知らせ
訳あって、今までコメントの受付をお断りしてきましたが、今後は「非公開コメント」に限り拝見させていただくことにしました。コメントの入力欄の「管理者だけに表示を許可する」にチェックを入れてください。よろしくお願いいたします。
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。