スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後に、本当に怖い人間たちの話

今日のブログを書いたあと、恐ろしい殺人予告を受け取りました。手紙でも電話でもありません。彼らのよく使う「電信」という電波通信の様なものでしょう。音は空中を飛び、相手には声となって伝わります。
女性は、ここにヘルパー(だと思う)T.村上という女。その女と家族が一塊になって私を憎み、私も、妹も、娘も全員殺すと言ってきました。その原因というのが振るっています。

私がここに来る数年以上前に死んだシンジという男が、T.村上と恋仲、あるいは夫婦でありながら、私に恋をし、心中しようとしたとしたところ、どうやら私が生き残ってしまったようです。今日、ブログを書いてアップした直後、ブログの中に、親父(ブログでは「男」、つまりレコーダーの主です。)について書いたことが気に入らないと文句を言ってきました。その後もシンジを殺したのはお前だと何度も言うので、私はシンジの顔さえ見ていない。ましてやそんな男に恋などするわけがないと言い放ちました。自慢じゃないけど、私は恋らしい恋をしたことがありません。ましてや心中などとんでもない。逃げますよ。そういう時の私の走りは早いですからね。誰も追いつけません。

ここへ来て一年半しか経っていない私が、どうやってそんな短期間に恋に落ち、心中することになるんでしょう。ありえない話です。そもそもシンジが死んだのは、数年前のことだというじゃないですか。そんな私に向かって「私のシンジ」を取ったとイチャモンを付けるなんて、どういう性格なんだ。それも家族揃って。羨ましい家族ですね。全員心を一つにして殺人を犯すなんて。

この文章に「らしい」とか、「ようだ」とか曖昧表現が多いのは、向こうがちゃんと話をしないからです。一度、わかってくれたと思っていたら、どんでん返しでいきなり「死刑!」。それも、私を「処刑」したところ、その後うちの家族を根絶やしにするという徹底ぶり。異常ですよ。
こう言うきわどい話は、ブログが穢れるようで書きたくなかったけど、「今夜」私のベッドに通電して殺すといっているのだから、明日じゃ書けません。ずっとベッドを揺らし続けたのも、このせいだったのかな。

私にはとてもマトモな人間たちには思えません。思えますか? 思える人は手を上げて。
今、その「電信」により「娘を殺してきた」と言っています。凄い人間です。東京の果てまで行って、もう帰って来ているなんて。人間どころかスーパーマンだったんだ! それに、殺しに行くのはケンジ村上だとご丁寧に教えてくれました。娘をかばってるんでしょうね。やっぱり、娘は可愛いんだ。でも、娘の方は、「この親にしてこの娘あり」って感じですよ。ヒステリー。
では、みなさん、せっかくのブログが面白くなるところだったのに止めなきゃなりません。
今「××さんが死んじゃった。死んじゃった。ボロベアさんも死んじゃった」と合唱を兄妹でやってます。

一つの命が終わるとき、何が起こるか観てみましょう。私は新しい経験が大好きだから、結構満足だったりして。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

borobear

Author:borobear
父が婚約者の母に贈ったイギリス製の熊。昔はピカピカに可愛く輝いていたのに、今や薄汚れてボロ熊に。私も老人ホームで薄汚れ。同じボロなら居直って、なりふり構わず踊らにゃそんそんという具合に、仲良く生きています。

最新記事
カテゴリ
お知らせ
訳あって、今までコメントの受付をお断りしてきましたが、今後は「非公開コメント」に限り拝見させていただくことにしました。コメントの入力欄の「管理者だけに表示を許可する」にチェックを入れてください。よろしくお願いいたします。
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。