スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サークル

このホームはクラブ活動に関しては豊かで、フラダンス、カラオケ、太極拳、歌の会、手芸の会、囲碁将棋の会などいろいろあったので、私は片端から一度は参加してみました。

太極拳や体操の会は、お年頃にピタリですから参加者も多いのですが、他は、パラパラと十人程度がやっと。いずれも興味もわかず、一度でやめました。

どうせこんなことだと思った。期待したのがバカだった。

しかし、例外的に心を躍らせて参加したものが実はあったのです。「歌の会」。子供の頃から歌うことが好きでした。でも、マンション暮らしに入って20年以上、声を出したことがない。ここでは、少なくともそれができるでしょう。多分、女学校時代の歌なんかが中心だろうけど、歌えば懐かしい気持ちも湧き、心は弾むだろうとと。

そして、手渡されたのが「今日のプログラム」。なんと一番最初が「明治節」とあります。 え~! なに、これ。 私のおばあちゃんの時代の歌じゃないの?

「あたし、知らないわよ」と隣に囁くと、「え? 知らないの?」と驚愕の声が上がりました。隣の隣も加わって「みんな知ってる歌よ」と呆れ顔がズラリ。他にも軍歌などが並び、みな楽しそうに歌っています。私の知っている歌もあります。でも………「明治節」で折れた心は、元に戻りませんでした。何か違う。集まった顔ぶれも何か違う。これも一度でやめました。

このようにして、友達探しをしているうちに、妙なことに気が付きました。ここでは、食事時以外、ほとんど人と会話をする機会がないということです。食事の後、例の仲間たちのさっと解散する呆気なさ。食卓を離れた途端、縁が切れるのです。サークルの後も同じです。パーッと素早くエレベーターに乗ってみんな消えてしまう。すれ違っても、近所のおばさんと挨拶するのと同じ。

「お買いもの? 行ってらっしゃい」「行ってきます」

ですから、一緒に買い物に出るということなど、まずありません。近くの同じスーパーへ行くと分かっていてもです。下駄箱辺りで顔を合わせると、適当に時間をずらせて、別の道を通って行ったりします。

出かける時の服装も大変。マスクを掛け、目深に帽子をかぶり、サングラスをかけ、これから強盗でもしに行くんじゃないかと思われるほど怪しい格好です。その正体を見破っても親しげに声など掛けてはいけません。「あの人ったら、××さーん、なんて名前呼ぶんだもの、嫌んなっちゃうよ」

私も、買い物に誰かと一緒に行くのは避けたい方だから、スーパー行きの変装については、わからないわけではありません。安物を掘り出しているところなんか誰にも見られたくありませんものね。


でも、このよそよそしさは異常です。
どうして長年一緒に暮らし、慣れ親しんできた人たち同士が、こんななのでしょう。


ongaku 
この人たち、お友達じゃないんです
こんなに楽しそうなのに


プロフィール

borobear

Author:borobear
父が婚約者の母に贈ったイギリス製の熊。昔はピカピカに可愛く輝いていたのに、今や薄汚れてボロ熊に。私も老人ホームで薄汚れ。同じボロなら居直って、なりふり構わず踊らにゃそんそんという具合に、仲良く生きています。

最新記事
カテゴリ
お知らせ
訳あって、今までコメントの受付をお断りしてきましたが、今後は「非公開コメント」に限り拝見させていただくことにしました。コメントの入力欄の「管理者だけに表示を許可する」にチェックを入れてください。よろしくお願いいたします。
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。