スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

凄い家族

さっき放電を受けるはずだったのに、そこに来た「神様」が、ついに一発も打てずに帰ってしまいました。
その後は、急に辺りは静になり、Sの一家だけが残りました。ついでに何を思ったのか、その家族が家の前の庭園に現れて、私と視線を交わし、お互いのどかな一瞬を持ちました。あんなにいい家族が、あんなかわいい子供たちが、「私に向かって「殺せ! 死ね!」と叫んでいたことが思い出され、胸が痛くなりました。

どういう一族か知らないけれど、不幸な運命を背負っているのだろうと気の毒でたまりません。
きっとお隣同士であったなら、仲良しになれたでしょうに。

まだ、この家族との闘いが残っていると思うと、うんざりします。壮大な夢と考えて忘れようと思っていたけれど、まだ忘れてはいけない仕事が残ってる。人の運命を狂わせて、あんなに平然としている人達ってなんだろう。
知らないうちに、パスポートを盗んだり、堂々と私のことを「女房」にしたり、やりたい放題をやってる「幸せじゃない」家族と戦わなければなりません。

それは別のブログで落ち着いてから書きます。
スポンサーサイト

今の私



今どういう状況かお話ししましょう。私は昨日から、毎朝死んだようになって目が覚めました。このところ宗教団体の勧誘が激しくなり、ベッドの揺れ、ベッドの通電によって、体はフラフラになり、立っているのも揺れる身体に逆らって、万有引力にも逆らって、新しい論文でも書こうかと思ったほどの元気も一緒になり、自分自身も何をしているのかわからないほど、異様なエネルギーが体に湧いてきました。
でも頭の中は相当おかしくなっているのは、この文を見ればお分かりでしょ?

これを書こうと思った時、とても無理だと思った通り、細かいことまで書ける体力がありません。
ただ一つだけ、言っておきたいことがあるんです。神様たちが戦争するってこがあるということを。
私は二つの神様の間で、戦争に巻き込まれました。今頭がグジャグジャになっているのもそのためです。
二つの神様の対立は、凄いものでした。入信しないと子供殺す、家族を殺す、地獄へ行くぞと脅される。
放電しようというのもありましたね。放電って何だか知らないでしょ。私も知りません。え、何で?
脅しは受けても一発も電気の球?(知らないって言ったでしょ? って言ってるよ、言ってるって言ってるのよ。)
何でも本当は、何処から発射された電気の球が飛んできて、人に当たると木っ端みじんになってことでした。
珍しもの好きな私は、どんな風になるのか楽しみ半分でそれを迎えることにしました。どうせもうすぐ死ぬ身なんだから、いいじゃないか。アッという間に死ねるなんて、こんないい死に方あります?
でも、私は不運だったのか幸運だったのか知らないけれど、未だにお目にかかっていません、その珠に。(光だよ、って教えてくれた人がいます。死ぬ前に訂正してもらって私のイメージも変わりました。)見たかった。今「放電する」っていう声が聞こえているから、見られるのかもね。

もっと面白いことがいっぱいあるけど、「放電」とやらが来そうだから、ここでひとまず切り上げましょう。
こうご期待。

どうやら私の負けです(続き)

でも私は濡れ衣を着せられたまま殺されました。
警察が必要です。前に県警に知らせてあるから、茅ヶ崎署に書類が回っているはずです。警察を呼ぶこと、それが一番大事です。何もしないで「事故死」とか「病死」とかにしないでくださいよね。最後ぐらい親身になってください。さもないと、あなたを殺すよ~。怖いでしょ。

理解できませんか? でしょうね。あなたは面倒くさいことは一切やらない主義です。カボチャ頭の支配人も同じ。いいコンビだ。ここに入った人は幸せになれない。あんたは社長を辞めたいと言った。早く辞めなさい。でも替わる人がいないというのはわかります。お気の毒です。グズグズしてると、入居者達も気が付きますよ。あの社長じゃダメだ。もう言ってる人が結構います。

では、さようなら。厄介者が死んで、さぞホッとしたでしょう。娘と妹のことは、前に頼んだ通り、必ず守ってくださいよ。
万一のことがあったら、あなたを殺す。もう私は霊ですからね。何だってできるんです。私の死を望んでいた奴らは、これ読んで必死になり「妹が死んだ」「娘が死んだ」と大騒ぎ。彼らは、神からも見放され、死ぬ死ぬと言っても死ねない輩かもしれません。永久に死ねないって不幸じゃない?
理解不能なことは、私の頭のせいにして、黙って見過ごす社長様に  喝!

――――――――――――

と言うわけです。これから部屋を片付けて、「死」が来るのを待ちましょう。こんな遺書を書いても、私はまだまだ頑張るつもり。でも、胸が痛い。心じゃなくて本当の心臓が痛い。私の心臓はお医者さんお墨付きの強い心臓だったのに。もっと長生きできたのに。悔しい。人に強制的に死なせられるのは不愉快だ。生きよう生きよう、まだ準備ができてない。
私の心臓が丈夫だったの知ってた? 
みんな笑うよ。知ってさ。あなたのやってる事見れば、一目瞭然。
そういう心臓の話じゃないんだけどねぇ。

心臓が、私自身のように頑固なら、まだ少し生きられるかもしれない。その間、私は彼らを滅ぼす準備をできるだけします。
これでお別れかもしれないので、先に一言お礼を言います。私を応援してくれた顔も知らない人達、感謝してます。あなた達のお蔭で命が伸びたのかもしれません。ありがとう。他の人が助けを求めてきたら、面倒見てあげてね。

どうやら私の負けです


殺し屋にはやられなかったけど、「ボロベアさんが欲しい」「妹が死んだ」「娘が死んだ」の大合唱に、ついに私の丈夫な心臓が負けるのは時間の問題になりました。無実の罪で死刑になるようで、悔しいから社長あてに嫌味の遺書を書いてます。これは必ず残して置きます。一味の奴らが、ここに入り込んでいるので、キッチリ予め渡しておきます。
時間が惜しいので、ここでその社長宛ての手紙を、皆さんにも読んで欲しいと思い、披露します。
(もう! いつからword文書が移せなくなったの。仕方がないから書きますよ。もう一度)
こんなことやってる暇ないんですよ。まだ用意ができてない。

社長様への手紙

あなたが何もしないので、私はついに殺されました。
犯人グループの一人は、ここに勤める「村上テツ子」(テツ子の漢字は知りません。)
せめてもの供養に、彼女を解雇してください。あんな人殺しが周りにをウロウロしてるのは怖いです。絶対の存在、彼女の兄が命令すれば、何でもやります。
その兄は、彼らのグループのアタマで、本当の指導者です。
彼が殺せと言えば、彼女はその命令に従うしかない。すっかり洗脳されているのです。
一族は、故川村の仲間で、もしかすると川村さんも殺したかも知れないと思っています。今叫んでいるように、「ボロベアさんが欲しいから」。本当自分が欲しいのに、それを前に死んだシンジという男の名を出し、彼と心中した私だけが生き残った復讐をするのだと言ってます。
私はシンジを知りません。シンジが死んだのは、私がここに来るずっと前(そういうことは、ズルいから、はっきり言わないのです)、私が来る前です。それでも彼らは主張を曲げない。どうしても私が欲しい。傍に置いていじめるのでしょう。彼らはDV仲間だから。

(スペースがないので、「次回に続く」にします)

ふざけた野郎たち

昨夜の殺人予告の結果。
現在午前3時40分。来ないと思ったけど、一応用心して、トイレの床で寝てました。そこで寝るのにはもう馴れていたので、グウグウ寝てた。そうしたら、「ワオッ!」と大きな犬みたいな声がして、「ボロベアさんが死んだ!」という声が上がりました。それで目を覚ましたわけだけど、期待してたのに家にも入って来ないって失礼じゃない。私の手に何があるかというと、殺虫剤の缶。内鍵だけ掛け、鍵はあえて外してあった。彼が最初にすることはドアを少しだけ開け、その隙間から顔を出すと思ったから。トイレに寝たのも実は怖いからではなく、、殺虫剤を顔に吹き付けるためです。残念でした。こういうのは「おふざけ」とも言えない、単なる子供のお遊びね。今「童謡」を歌いまくって勝ち鬨のかわりにしてるので、私、少し動揺。本当に頭は確かか気になって。何とかに刃物。台所の包丁を隠しておいてよかった……あ、入っても来なかったんだっけ。
実に下らん、洒落にもならない結果でした。やっぱり被害者が「キャッ!!」と悲鳴を上げるぐらいはしなくっちゃ。警察に知らせてなくてよかったわ。
当然、ブログにも載せるに恥じる出来事(眠くて言葉が浮かばない)だったけど、前に書いちゃったから、一応結果報告は必要かなと思って書きました。お粗末の程度も最下位ランクの出来事でした。済みません。つまんないブログで。もうちょっと面白いはずだったのに 畜生!
プロフィール

borobear

Author:borobear
父が婚約者の母に贈ったイギリス製の熊。昔はピカピカに可愛く輝いていたのに、今や薄汚れてボロ熊に。私も老人ホームで薄汚れ。同じボロなら居直って、なりふり構わず踊らにゃそんそんという具合に、仲良く生きています。

最新記事
カテゴリ
お知らせ
訳あって、今までコメントの受付をお断りしてきましたが、今後は「非公開コメント」に限り拝見させていただくことにしました。コメントの入力欄の「管理者だけに表示を許可する」にチェックを入れてください。よろしくお願いいたします。
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。